« 入院レポ:天使たち | トップページ | 入院レポ:人間模様 »

2004.11.16

入院レポ:はじめてのガス

腹部手術にとってガスがでることは大変重要です。
腸が正常に機能しているという証明だそうです。

そのためには寝ていないで動かなければいけません。
手術翌日から歩かされます。
最近は携帯版脊髄点滴のようなもので、痛み止めを常に送り込むようになっていて、痛みが緩和されるよになっているのですねぇ。
これを首からぶら下げて歩いてました。

私の場合も、術後の癒着リスクあり、ということで
「出ました?」
と担当ナースが代わるたびに笑顔で聞かれました。

私は術後2日目にうれしそうに
「出ました!」
と報告いたしましたとさ。
(>_<)"

|

« 入院レポ:天使たち | トップページ | 入院レポ:人間模様 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

ぎゃははははだ♪
ほんと、ガスつながりで(笑)

イメカさんのオシリにもあててあげたかったよー(ぉ
おめでとぅ!!!

投稿: NAAR | 2004.11.16 12:09

この記事を書きながらNAARさんを思い浮かべてましたッ!
(^_^)

投稿: イメカ | 2004.11.16 20:18

よかったですね(^-^)これで安心。

私はまだ歩けない赤子のときに切腹手術を
したもんで、癒着しちゃって(あちゃー)、
いまだにときどきトラブります。
ま、普段はバクバク食べてだいじょぶなん
ですがねー(食べすぎ?)。

投稿: しまじろう | 2004.11.16 23:21

ありゃ、しまじろうさん、そうなんですか。
ずいぶん経ってからトラブルのもあるとは聞いてましたが。
バクバク食べてだいじょぶなのは、いいことですな。
(^o^)

投稿: イメカ | 2004.11.17 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21628/1976176

この記事へのトラックバック一覧です: 入院レポ:はじめてのガス:

« 入院レポ:天使たち | トップページ | 入院レポ:人間模様 »