« 龍が如く | トップページ | 七分咲き? »

2006.03.22

the wow-choten hotel

遅くなりましたが、「THE 有頂天ホテル」観ました。

------
お帰りなさいませ、お客さま。
え?タイトルがおかしい?そんなことはございません。お客さま。
これは「ザ ウチョーテンホテル」と読むのでございます。
「uchoten」といたしますと母音につく「the」は「ジ」と読む、と中学校ででしたか、習われたと思いますが、「ジ ウチョーテンホテル」となってしまうのでございますよ、お客さま。
------

(^_^;) アレンジです。
エンドロールだかみていたときに「wow」となってて「?」と思ったんですが、パンフで三谷監督が語っていました。

メインのエピソードが4つHPなどに書いてありますが、私が自分で数えると12になりました。それぞれ絡んではいますが。
1副支配人2客室係3ドアボーイ4政治家5総支配人6マンオブザイヤー7ウェイター8演歌歌手9歌手10愛人12探偵13筆耕係

なんだか、ちょっともったいないですよね。あれだけの俳優さん。
でも、エピソードが少ないと、あのテンポがでないんでしょうね。

おもしろいのですが、大爆笑はできませんでしたねぇ。。。
(^^ゞ

ホテルのマークが素敵です。
ちなみに、映画のホテル名は「ホテル アヴァンティ」。

------
お客さま、チャックアウトでございますか?
お気をつけて行ってらっしゃいませ。

|

« 龍が如く | トップページ | 七分咲き? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>the wow-choten hotel

「わお!ちょうてん」と読んでしまいました…
ワタシの頭が有頂天。

投稿: ひろすけ | 2006.03.23 00:04

あれ?って思いますよねぇ。
わざわざ英語タイトルつけたのはなぜか、三谷監督~!

投稿: イメカ | 2006.03.25 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21628/9214994

この記事へのトラックバック一覧です: the wow-choten hotel:

« 龍が如く | トップページ | 七分咲き? »