« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.23

山寺修行3

無事山寺を降りると、お腹がすいていました。(笑)

上る前に目をつけていたお店に並びました。
Dsc00091

冷や汁ぶっかけそばです。
Dsc00091
奥のは友人が頼んだ箱そば。

お野菜いっぱいであっさりしていておいしかった。

最後に駅のお立ち見で見納めの山寺。
Dsc00091

途中、山形駅で降り、目をつけておいたお土産などを買いました。
あとは今日の宿泊地、かみのやま温泉へ。
赤湯もそうでしたが、新幹線が止まる駅といっても、温泉駅前の賑わいはなく、お土産品山形駅で買って正解でした。

宿はネットでみつけた「古窯(こよう)」。
実は有名宿だったんですね。
(~_~;)

駅前から送迎バスで5分ほどで到着。
大きなホテルです。

ジェットバス付和洋室で、なんと丸い和室。
Dsc00087
しかし何でシャンデリア??

結局入らなかったジャグジー。
Dsc00091
アベック(古!)用の部屋ですね~
オバサン3人じゃぁ、ちょっと照れます。(笑)

洋室には丸窓。
Dsc00091

37インチTV。
漆塗り?のなんか有名なやつらしいです。
Dsc00091

館内のトイレも広く、個室ごとに色が違い、なんと小型液晶TV付!!
Dsc00091
Dsc00091
\(◎o◎)/!

温泉できょうの自分をほめてあげました。
Dsc00112
のれんには斉藤茂吉直筆、と書いてあります。

アメニティは色違いの袋で良かったし、エステも充実しているようです。
夜の時間帯の婦人用温泉はとても広く、いくつか湯船もあり、ひとつは菖蒲湯なっていました。
また、低温サウナ(-5℃)もあって、ちょっと楽しかったです。
(*^^)

夕食は洋広間で。
連休中は山形牛すきやきご膳だけですと言われており、ちょっと心配していましたが、なんとも豪華で満足できるメニューでした。

食前酒は梅酒。
Dsc00091
Dsc00092
さくらんぼの漬物!!お味は・・・ご想像にお任せします。

すきやきのお豆腐に焼印が。
Dsc00093
Dsc00095
味はゴマ。これがおいしい。

もう明日はかえるだけなので、ボトルで白ワイン「蔵王スター」を。
Dsc00096
カンパ~イ、じゃないかぁ~

お寿司、お刺身。
Dsc00097
Dsc00098
もちろんじゅんさいもあります。

山形名物「いも煮」とフカひれ茶碗蒸し。
Dsc00099

タラバカニのてんぷら。
Dsc00100

そしてご飯とお味噌汁。

最後はデザートに特製壷プリン。
Dsc00101
Dsc00102

(>_<)うま~い!

有名なのは当たり前です。
これでこの時期で3万円切っているとはびっくりですよ。
インターネット予約様さまですねぇ。

寝る場所、和室1名とベット2名はじゃんけんで決めました。

あと一回で終わりま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.10

想定(BlogPet)

きょうkoimekaがてぃきと想定するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「koimeka」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

山寺修行2

いよいよ山寺到着です。
結構混みあっていますねぇ。

Dsc00038

まず、コインロッカーに荷物をいれ、身軽になりさぁ出発。
Dsc00039

めちゃくちゃ良い天気です。この日はなんと東京より暑かったらしい。
Dsc00040
左手上方のお堂から下を眺めるのが最終目標です。

参道までは5分程度。
Dsc00041

ここが登山口入り口。正式には立石寺です。
Dsc00042
この手前にも階段があったのですが、それはちょっとしたショートカットになってしまいますので、気をつけて。

まずは、中堂。
Dsc00043

芭蕉ゆかりの地ということで芭蕉さんです。
Dsc00044

ころり往生と書いた念仏堂
Dsc00045

ここはかつて、修行僧たちが上り下りしたそうで、奥の院までの石段の数は1000段ちょっと。
拝観料300円を払い、いよいよ上ります!

上り始めは11時半ころです。
Dsc00046
Dsc00047

人が多くて渋滞です。
Dsc00048

奇岩ばかりです。
Dsc00049

やはり神聖な場であるという気がしました。
Dsc00050

人の流れが止まったり進んだりで、いつのまにか1/3くらいのせみ塚まで来ていました。
Dsc00051

松尾芭蕉が「静けさや 岩に染み入る 蝉の声」を詠んだ場所か?

しかし、さすがゴールデンウィークですね。人の列はほとんど途切れません。
Dsc00052
Dsc00053

岩に彫られた岩塔婆というものだそうな。たくさんありました。
Dsc00054
人様のお墓の間を縫って歩いているようなものか。

その下には木製卒塔婆のようなものまわせる車輪のような木の輪のついた、後生車といものもたくさんあった。
その中には比較的新しいものも。
輪を回してもらうことで、供養になるといわれるものだ、とは知っていましたが、回せなかった。。。

建物が見えてきました。
なんと、半分以上来たわけです。
Dsc00055
色のコントラストがきれい。

お寺が集まっている箇所です。

仁王門をくぐると奥の院まであと少し~~
Dsc00056
Dsc00057

奥の院到着!
Dsc00058
12時ちょっとすぎ、なんと30分ちょっとで着きましたぁ!!

\(◎o◎)/!

Dsc00059
Dsc00060
りっぱな大仏様も鎮座していました。

振り返ると・・・
ここからはあまり良い眺めではありませんねぇ。
Dsc00061

まだ桜も残っています。
Dsc00062
Dsc00063
Dsc00064
Dsc00065_2

奥の院を少し下り、その左手を上ると五大堂があります。
Dsc00071
Dsc00066
Dsc00069
Dsc00070

駅から見上げたときに左の上のほうにあったお堂です。
Dsc00067
Dsc00068
ここらの眺めで「勝った!」という満足感を得られますよ。(笑)

ここも混み合っていたので、隙間を縫って下を眺めましょう。

岩の上にも祠が。
Dsc00073
どうやって建てたんでしょうね。

さて、下りです。
Dsc00074
Dsc00075

でもその前に山内支院のお寺が集まっている一角で、赤湯駅で買ったカツサンドをほおばり、至福のときを味わいます。
Dsc00076
カツもやわらかく、パンも生酵母とかでおいしく、そしてやり遂げた感でさらにおいしかった、かもです。
(~_~;)

あとはお花を見たりで、余裕の下りでした。
Dsc00077
Dsc00078

抜苦門を出たときは13時過ぎでした。
Dsc00079
これでなにかご利益があるとうれしいんですけどね。

境内に大量に並んだ鉢。
Dsc00080

おだまき
Dsc00081

予想外に花の多いところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »